« 高齢化と財政危機/老龄化和老龄化(「島田中文説より」) | トップページ | 安倍首相の真珠湾訪問と「和解」の力/首相安倍的珍珠港访问与和解之力(「島田中文説」より) »

安倍・プーチン会談と日本の針路/安倍・普京的会谈与日本的方针(「島田中文説」より)

2016年12月15日と16日、日本の安倍首相とロシアのプーチン大統領の会談が行われる。 安倍首相は、北方四島の返還を含む日露の平和条約締結を望んでおり、そのための環境整備 として経済協力を促進しようとしている。これに対し、プーチン大統領は日本の経済協力を強化 することで日露の経済関係の発展を望んでいる。一方、北方領土(四島)問題と平和条約には 慎重だ。

日本側は、経済協力の具体的な進め方として、ロシアの主として国内産業の発展を支援する ために8項目の協力案を提示し、両国の関係閣僚が相互に訪問するなど具体的な努力を積み重ね てきた。これに対し、プーチン大統領は、経済協力の8項目を評価する一方で、北方四島について は主権をゆずるつもりはないなど否定的な発言が目立つ。

北方四島とは、北海道の東側の四つの小島だ。日本は歴史的にこれらの島は日本固有の領土と 主張。第二次大戦末、日本がポツダム宣言を受諾した直後に、ソ連が、当時有効だった日ソ中立 条約に違反して四島を不法占拠。今日まで実効支配している。

そうした異常な状態のため、日本とロシアの間には戦後70年間、平和条約はない。安倍首相は 自らも長期強力政権であり、プーチン政権も長期強力政権なので、この根本的課題を前進させ 解決する好機と考え、熱心に今回の首脳会談を働きかけてきた。

安倍首相には、日露の友好関係を前進させることは、中国に対しても一定の牽制になるとの読み?(計算)もあるようだ。しかし、プーチン氏は、今回の安倍首相との会談開催には前向き(積極的)だが、中露の信頼関係は日露関係より深いと言明している。

ロシアの2014年春のクリミヤ半島併合に、米欧諸国は強く反発し、それ以来、対露経済制裁 を続けている。日本は西側諸国のメンバーとしてロシアに対し一定の経済制裁を課している。 プーチン氏は日本のこうした行動に不満だ。

経済制裁を主導したのはオバマ政権が率いる米国だが、アメリカのトランプ次期大統領は、 プーチン氏を強い指導者として評価し、友好的な米露関係を築こうとしているように見える。 トランプ政権が発足すると、アメリカは、ロシアのクリミヤ半島併合の非難をやめ、経済制裁 を解除して、米露経済交流を進めるかもしれない。
こうした複雑な世界情勢の中で開催される日露会談に世界は注目している。日本の経済協力案 は相当具体化しているので、かなり実行されるだろう。最近のプーチン大統領の発言から判断 すると、これとは対照的に、北方領土問題には実質的な進展は見られないのではないか。

国内の日露会談への期待が高いだけに、領土問題の進展が得られなければ、国内的な安倍政権の評価にはマイナスだろう。ロシアは利益を得るが、西側諸国は、今回の日本の行動を評価しな いのではないか。

領土問題には安易な妥協は禁物だ。目先の利益を追わず、時間がかかっても、日本は平和と法治 という普遍の価値を主張しつづけるべきではないか。

*********************

「安倍・普京的会谈与日本的方针」

日本首相安倍与俄罗斯总统普京的会谈将于2016年12月15日,16日举行。

首相安倍希望通过加强经济合作,为签订包含归还北方四岛的和平条约打下基础。对此总统普京希望加强经济合作,促进两国经济关系的同时,对北方四岛问题和签订和平条约则表现出慎重的态度。

到目前为止,日本提出了支援俄罗斯国内产业发展的8项合作协议,并通过两国要员的相互访问,为促进两国经济合作做出了诸多努力。对此,总统普京也对8项经济合作协议表示认可。但更引人注目的是,总统普京对于北方四岛的主权问题的否定性发言。

北方四岛是位于北海道东面的四座小岛。日本的主张是,这些岛屿从古至今都是日本的固有领土。直到第二次世界大战末期,日本接受波茨坦宣言后,苏联违背了日苏中立条约非法占领四岛,支配四岛直至今日。

由于这种异常的状态,日本和俄罗斯在战后70年间都没有签订和平条约。由于安倍政权和普京政权都是具有长期性的稳固政权,安倍希望借此良机,根本改善这项问题,所以积极的促成了这次首脑会谈。

首相安倍认为,促进日俄关系友好对于中国也会有一定的牵制作用(也有一部分是安倍的战略)。但普京对于开展会谈表示肯定(积极)的同时,明确指出中俄关系深厚,超过日俄关系。

当年欧美强烈反对2014年俄罗斯克里米亚半岛的合并,直至今日都在进行对俄的经济制裁。日本作为西方诸国阵营的一员,也对俄进行了一部分经济制裁。对此,普京对日本的行为表示不满。

虽然主导这次经济制裁的是美国的奥巴马政权,但是美国的下一届总统特朗普却正面评价采取强硬态度的普京。由此可见,特朗普可将发展美俄的友好关系。特朗普掌权后,美国或许会终止对俄罗斯克里米亚半岛合并之事的否定与经济制裁,促进美俄的经济交流。

因此,由于此次会谈的复杂背景,全世界都会关注。由于日本所制定的经济合作方案极为具体,所以有很大希望得到执行。但通过近期普京的发言所推断,北方领土问题却难以得到实质性的发展。

如果领土问题得不到进展,对于日俄会谈抱有高度期待的日本舆论会对安倍政权做出负面评价。虽然最终俄罗斯受益,但是西方诸国也不会对日本的此次行动做出正面评价。

领土问题不允许有一丝的妥协。我认为即使耗时长久,也不要盲目追求眼前利益,日本应该用长远的目光,始终贯彻并主张和平与法治的普遍价值。

http://www.haruoshimada.net/chineseblog/2016/12/post-bfea.html

« 高齢化と財政危機/老龄化和老龄化(「島田中文説より」) | トップページ | 安倍首相の真珠湾訪問と「和解」の力/首相安倍的珍珠港访问与和解之力(「島田中文説」より) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441035/70098209

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍・プーチン会談と日本の針路/安倍・普京的会谈与日本的方针(「島田中文説」より):

« 高齢化と財政危機/老龄化和老龄化(「島田中文説より」) | トップページ | 安倍首相の真珠湾訪問と「和解」の力/首相安倍的珍珠港访问与和解之力(「島田中文説」より) »